PR

 NTT西日本は2019年3月12日、ドローンを活用したインフラ点検サービスを提供する新会社「ジャパン・インフラ・ウェイマーク」を2019年4月1日に設立すると発表した。ドローンによる空撮や点検に加えて、コンサルティングや企画、空撮、点検、診断、レポート作成までワンストップで提供する。

 新会社は、送電線鉄塔・通信鉄塔・橋梁・法面・太陽光・風力発電設備など様々な構造物の点検に対応する。また橋梁の下などGPSが受信できない環境でも飛行可能な橋梁点検専用ドローンを導入した。

 公共インフラの老朽化が進む一方でインフラを維持する技術者は減少傾向にあり、効率的なインフラのメンテナンスは社会課題となっている。NTT西日本グループでは、ドローンによる太陽光パネルの点検や、AIを活用した道路路面の状況診断といったサービス提供を通じ、ドローンによる点検技術や画像解析におけるAI活用のノウハウを蓄積してきた。

 加えて、2018年には自社で保有する橋梁や鉄塔の設備に対して、ドローンを活用した点検業務のトライアルを実施し、一定の効率化を確認した。これを受けて、新会社の設立を決めたという。

 新会社では、点検、診断業務に加えて修繕計画の策定まで、幅広くインフラ点検・診断業務をサポートする事業を展開していく。