PR

 米アップルは2019年3月26日(日本時間)、コンテンツ配信サービスの「Apple TV+」「Apple Arcade」を日本を含む各国で始めると発表した。新サービス発表イベントで明らかにした。

新しい「Apple TVアプリケーション」の画面
新しい「Apple TVアプリケーション」の画面
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple TV+はTV番組や映画などを定額で見放題にするサブスクリプション型サービスだ。スティーブン・スピルバーグ氏ら著名クリエーターのオリジナルコンテンツを配信する。料金体系など詳細については19年秋に改めて発表する。

 19年5月以降順次、iPhoneやiPad、Apple TV、Mac、スマートテレビ、ストリーミングデバイス向けに新しい「Apple TVアプリケーション」の提供を始める。既存のApple TVやApple TV+のコンテンツだけでなく、AmazonプライムやHuluなど他社の動画配信サービスのコンテンツもまとめて視聴できるようにする。

 Apple Arcadeはサブスクリプション型のゲーム配信サービスだ。100タイトルを超えるオリジナルの新作ゲームを配信する。従来のアプリ課金型のゲーム配信では埋もれがちな優良タイトルを広告や追加課金なしで配信し、目の肥えたゲームユーザーのつなぎ留めを図るという。

 クリエーターには人気ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの作者として著名な坂口博信氏らが名を連ねる。19年秋にApp Storeの新しいタブから提供を始める。

 アップルは同時に、新聞や雑誌記事を読み放題とするサブスクリプション型の「Apple News+」を米国やカナダで提供すると発表した。サービス提供国に日本は含まれていない。