日立製作所は2019年5月8日、高速なシステム開発を支援する「Justware - Web Performer連携ソリューション」の提供を7月1日に開始すると発表した。同ソリューションは、日立が提供するアプリケーションフレームワーク「Justware」とキヤノンITソリューションズが提供する超高速開発ツール「Web Performer」の両方を用いたシステム開発を実現する。

 Justwareは大規模な金融システム開発などに活用されているアプリケーションフレームワーク。設計書からソースコードを自動生成する機能やテスト自動化の機能などを備える。Web PerformerはWebアプリケーション自動生成ツール。ソースコードを記述せずにドラッグ&ドロップ操作で画面を手軽にデザインできる。

 同ソリューションでは、Justwareで生成したビジネスロジックの処理をWeb Performerで開発したWebアプリケーションから呼び出すコネクターを提供する。Web Performerで開発したWebサービスをJustwareで開発した処理からRESTを使って呼び出すことも可能だ。ほかにもJustwareが備えるテストツールを活用して、Web Performerで開発したWebアプリケーションのテストも自動化できる。

 これらの連携機能によって、安定性が求められるサーバーサイドのアプリケーションはJustwareで開発し、Web画面などの変更が頻繁に発生するクライアントサイドはWeb Performerを使って開発できる。どちらもコーディングに要する時間を短縮できるため、「リリースサイクルの短縮や維持・保守コストの低減が期待できる」(日立製作所 アプリケーションサービス事業部の立川茂 アプリケーション共通技術統括部長)という。

Justware - Web Performer連携ソリューションのイメージ
Justware - Web Performer連携ソリューションのイメージ
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]