PR

 テレビ朝日とKDDIの連結子会社であるSupershipホールディングス、サイバーエージェント、電通、博報堂DYメディアパートナーズの5社は2019年5月14日、デジタル動画広告配信事業を展開する合弁会社を設立することで合意したと発表した。

 合弁会社はテレビ朝日の連結子会社となる。国内の放送局が自前のデジタル動画広告配信プラットフォームを本格的に構築・運用するのは初めてという。

 合弁会社は当初、テレビ朝日の無料広告型見逃し配信サービス「テレ朝キャッチアップ」の広告枠と、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同運営する「AbemaTV」の一部広告枠で配信を手掛ける。ほかのデジタルメディアなどにもプラットフォームの利用を積極的に呼び掛けていく予定という。

 テレビ朝日は今回の合弁会社設立について、「今後有望視される動画広告市場を自ら獲得するための経営基盤を整備できた」「将来必要になるアドテクノロジーの開発・獲得も合弁会社を通じて行っていく」と、その意義を説明している。