PR

 トヨタ自動車は2019年5月16日、全面改良して同年4月10日に発売した中型SUV(多目的スポーツ車)「RAV4」の受注台数が、発売後の約1カ月で約2万4000台に達したと発表した。同車の月販目標は3000台で、その8倍に当たる受注を獲得したことになる()。

図 発売後好調な立ち上がりをみせるトヨタの新型SUV「RAV4」
図 発売後好調な立ち上がりをみせるトヨタの新型SUV「RAV4」
発売後の約1カ月で約2万4000台と、月販目標の8倍の受注を獲得した。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型RAV4は、「SUVの“ワクドキ”(ワクワクやドキドキ)を復活させること」を意識して開発した車種(関連記事)。「どこにでも行けそうな気がするデザインと走破性」および「いかなる使用シーンにも応えられる使い勝手の良い荷室空間」の実現を目指した。中でも、走破性の向上に対しては、3種類の4輪駆動(4WD)システムを用意し、ユーザーが自らの使用目的に応じて選べるようにするという力の入れようだ(関連記事)。

 その狙いが当たった。同社によれば、約2万4000台の受注のうち、約9割が4WDを選択。ただし、購入層は20、30歳代が4割と、ターゲットユーザーとしていたアクティブ志向の30~40歳代のファミリー層からみると、若い層に若干振れたようだ。

 購入層から好評だったのは、「SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザイン」「クラストップレベルの荷室空間」「3種類の4WDシステムの優れた走行性能」とする。この限りにおいては、企画がずばりはまったと言えそうだ。同社によると、世界初採用の新4WDシステムである「ダイナミックトルクベクタリングAWD」搭載車は、ガソリン車の約6割、ガソリン車とハイブリッド車(HEV)の合計の約3割に上るという。