PR

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2019年5月22日、情報処理技術者向けの国家資格「基本情報技術者試験」の合格者を発表した。ITエンジニアの登竜門とも称される同試験に9歳の小学生が合格し、これまでの最年少記録である10歳を更新したと発表した。

 IPAは基本情報技術者試験の対象者を「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者」と位置付ける。低年齢層には難易度が高く、前回の最年少記録である10歳の小学生が同試験に合格したのは2012年度の秋期試験と約7年前だった。

 試験は春と秋の年2回あり、今回は2019年4月21日に実施した。受験者数は約5万5000人、合格者数は約1万2000人、合格率は22.2%、合格者の平均年齢は25.2歳だった。

 IPAは基本情報技術者試験の合格者発表と同時に、情報セキュリティに関するスキルなどを認定する「情報セキュリティマネジメント試験」の合格者も発表した。受験者数は約1万4000人で合格者数は約7000人だった。同試験では78歳が合格し、これまでの最年長記録である76歳を更新した。