PR

 米アップル(Apple)は2019年6月3日(米国時間)、米サンノゼで年次開発者会議「WWDC19」を開き、UI(ユーザーインターフェース)開発で使う「SwiftUI」やiPadアプリをMacアプリに移植する「Project Catalyst」などの新たな開発関連ソフトを発表した。iPadとMacの「融合」を進める狙いがある。

 SwiftUIは同社のiPhoneやiPad、Mac、Apple Watch、Apple TVなどの様々なデバイスに対応するUIフレームワーク。開発者は同じUI用のAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を使って様々なデバイス向けのアプリを開発できるようになる。SwiftUIはUIコンポーネント(画面部品)を豊富にそろえており、開発者は数行のコードを書くだけでアニメーションを使ったエフェクトなどをUIに実装できるようになる。同社の開発ツール「Xcode 11」が備えるUIデザイナーを使うと、コードを記述しなくてもアプリのUIを開発できる。

XcodeとSwiftUIを使ってコードを書かずにUIを開発
XcodeとSwiftUIを使ってコードを書かずにUIを開発
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 Project CatalystはXcodeの新機能である。既存のiPadアプリのプロジェクトに簡単な変換操作を加えるだけでMacアプリを作成できるようになる。その後は同一のプロジェクトとソースコードからiPadアプリとMacアプリを作れる。

 アップルは今回、SwiftUIでiPadとMacのUI用APIを統一しただけでなく、Project Catalystによって既存のiPadアプリをMacへ容易に移植できるようにした。さらに今回発表したmacOSの次期バージョン「macOS Catalina」にはiPadをMacの2台目のディスプレーや入力デバイスとして使用できるようにする新機能「Sidecar(サイドカー)」を追加した。iPadとMacの「融合」を大きく進めた格好だ。

iPadをMacの2台目のディスプレーにする「Sidecar」
iPadをMacの2台目のディスプレーにする「Sidecar」
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]