PR

 欧米FCA(Fiat Chrysler Automobiles)は2019年6月5日、フランス・ルノーグループ(Groupe Renault)と経営統合する提案を撤回すると発表した(関連記事)。フランスの政治的な状況により統合がうまく進まないことが明らかになったという。

(写真:Fiat Chrysler Automobiles)
(写真:Fiat Chrysler Automobiles)
[画像のクリックで拡大表示]

 5月27日に発表した提案についてFCAは、「提案は革新的で説得力があるものだったと確信している。経営統合後の構造や条件はすべての当事者に実質的な利益をもたらすようにバランスが取れたものだった」とし、ルノーグループやルノーのアライアンスパートナーである日産自動車および三菱自動車が提案に建設的な関心を持ってくれたことに対して感謝を述べた。なお、FCAとルノー間の個々の戦略的な協力関係は継続していくとしている。