PR

 富士通コネクテッドテクノロジーズは2019年6月7日、都内で新商品・新CM発表会を開き、「arrows」ブランドのスマートフォンやフィーチャーフォン、翻訳機の新製品を紹介した(写真1)。

写真1●富士通コネクテッドテクノロジーズが新製品や新CMを開催
写真1●富士通コネクテッドテクノロジーズが新製品や新CMを開催
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 俳優の小栗旬さんと山田孝之さんを起用した新しいCMでは、「割れない」スマホをアピールした。第5世代移動通信システム(5G)に関する情報は無かったが、次の発表会で5G端末を披露すると予告した。

特徴はソフトバンク対応や法人向けの新モデル

 発表会には富士通コネクテッドテクノロジーズの高田克美社長が登壇した(写真2)。「スマホの技術をテコに、事業領域をサービスやソリューションに広げている。今回はarrowsシリーズの新製品をご紹介する。マルチキャリア対応や法人向けが特徴だ」と語った(写真3)。

写真2●富士通コネクテッドテクノロジーズの高田克美社長
写真2●富士通コネクテッドテクノロジーズの高田克美社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●夏モデル端末は5機種
写真3●夏モデル端末は5機種
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモが2019年6月7日に発売した「arrows Be3 F-02L」はシリーズ累計100万台を突破した「arrows Be」シリーズの3世代目で、画面が割れにくい点を特徴とした(写真4)。独自の操作用センサー「Exlider(エクスライダー)」を背面に搭載し、左右どちらの手でも使いやすくなるように改善した。

写真4●「Exlider」を背面に搭載したarrows Be3 F-02L
写真4●「Exlider」を背面に搭載したarrows Be3 F-02L
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモが2019年7月上旬に発売予定の「arrows ケータイ F-03L」は折りたたみ式のフィーチャーフォンだ(写真5)。「いわゆるガラケーだが、私もプライベートで1台所有している。国内では(フィーチャーフォンを)2000万人近い人がお使いになっている。その人のうち、今後スマホに変えたいと希望する人は半数に満たないとの調査もある」(高田社長)。

写真5●arrows ケータイ F-03L(ヒンジの耐久試験をしている様子)
写真5●arrows ケータイ F-03L(ヒンジの耐久試験をしている様子)
[画像のクリックで拡大表示]