PR

 米T-Mobileは2019年6月25日、米国6都市で5Gスマートフォンサービスを開始すると発表した(T-Mobileのニュースリリース)。韓国Samsung Electronics(サムスン電子)の5Gスマホ「Galaxy S10 5G」を対象に、同年6月28日から提供。まずは、アトランタ、クリーブランド、ダラス、ラスベガス、ロサンゼルス、ニューヨークの6都市での運用となる。

出所:T-Mobile
出所:T-Mobile
[画像のクリックで拡大表示]

 同社では、この5Gスマホサービスの開始に当たり、5GとLTEを同時に接続するマルチバンドデュアルコネクティビティーを実現。従来のLTEを、ミリ波帯利用の5Gで補完することで、より高速な通信を提供できるとしている。また、全米で漏れなくカバレッジを展開するには、低周波数帯、中周波数帯、高周波数帯を駆使したネットワークの供給が必要とし、米Sprintとの経営統合(関連記事1)が承認された後は、T-Mobileの低周波数帯とミリ波帯、Sprintの中周波数帯(関連記事2)を使った、真の米国全土向け5Gネットワークが実現できるとしている。

 今回のサービスは、従来のプランから追加料金なしで提供される。同社では、今後少なくとも3年間は、既存のプランを値上げすることなく5G展開を進めたいとしている。

 なお、Galaxy S10 5G本体の価格は定価1299.99米ドルから549.99米ドル値引きして、24カ月払いの月額31.25米ドルで提供するとしている。

出所:T-Mobile
出所:T-Mobile
[画像のクリックで拡大表示]