PR
「SORACOM IoT SIM」で提供するSIM
「SORACOM IoT SIM」で提供するSIM
(出所:ソラコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソラコムは2019年7月2日、IoT向け通信サービス「SORACOM IoT SIM」の料金や一部サービス内容を変更したと発表した。SORACOM IoT SIMは携帯電話回線を利用したデータ通信サービス「SORACOM Air for セルラー」の1つで、日本を含む世界130カ国超で使える。変更点は(1)日本国内のマルチキャリア対応、(2)データ通信料の値下げ、(3)通信遅延の短縮、(4)最大データ通信速度の引き上げ――の4点である。

 SORACOM IoT SIMは、大半の国で複数の携帯電話事業者の回線を使える「マルチキャリア」のサービスとして提供中だが、日本はNTTドコモの3G/LTE回線のみ使用可能だった。今回新たにKDDIのLTE回線も使えるようにして、マルチキャリアに対応させた。SORACOM IoT SIMに対するKDDI回線は、「Limited Preview版」として提供する。利用に際してはソラコムへの申請が必要となる。

 日本でKDDI回線を使う場合の料金は、ドコモ回線を使う場合の料金(1MBあたり0.2米ドル)よりも安い1MBあたり0.02米ドルとした。また、80カ国以上でSORACOM IoT SIMの料金の値下げを実施。特に欧州を中心とする21カ国では、従来の1MBあたり0.08米ドルから同0.02米ドルへと、大幅に値下げした。なお別途、SORACOM IoT SIMの基本料金がかかる。

 通信遅延については、携帯電話ネットワークと外部ネットワークの接続点である「ローカルブレークアウト(LBO)ポイント」を増やす。従来LBOポイントはドイツにしかなかったため、通信はドイツを経由していた。今回ソラコムは、LBOポイントを日本と米国西海岸に新たに設置して、8月以降利用可能にする。これにより、日本と北米での通信遅延が低減される。通信速度については、これまで最高速だった速度クラス「s1.fast(上限は2Mビット/秒)」の上位に、上限が8Mビット/秒の速度クラス「s1.4xfast」を加えた。