PR

キングジムの『対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100』
キングジムの『対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100』
[画像のクリックで拡大表示]

 キングジムは2019年7月3日、法人向けの翻訳機『対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100』(以下、ワールドスピーク)を7月19日に発売すると発表した。2台1組の据え置きタイプの製品である。2台を有線または無線LANで同一のネットワークにつなぎ、ペアリングして使用する。宿泊施設や観光施設の窓口業務などでの使用を想定している。

 利用者は下の写真のように対面でワールドスピークを使う。本体下部にある会話ボタンを押しながら本体に向かって話すと、もう1台に翻訳結果がテキストで表示され、音声で読み上げられる。環境騒音がある場所での使用を考慮して、ノイズキャンセリング機能付きのマイクを搭載する。対応言語は72。米グーグルや米マイクロソフト、中国バイドゥなど複数の企業の翻訳エンジンを使っている。

ワールドスピークの使用例(宿泊施設におけるデモ)
ワールドスピークの使用例(宿泊施設におけるデモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ポータブル型の翻訳機より大きい8インチの画面を持ち、待機画面には4カ国語で説明を表示する。会話の画面では、画面上部に使用方法が表示される。「ポータブル型の翻訳機は使用方法をあらかじめ言葉で伝えなくてはならない。この問題を画面の大きさを生かして解消した」(商品開発部の高尾政利氏)。音声やテキストを保存して、PCとつないで取り出すことも可能。専門用語とその訳語を登録する辞書機能は無いが、今後用意する意向だ。

 価格は2台1組で14万8000円(税別)。他社の業務用翻訳機にはより高価な製品もある点や、ワールドスピークは更新料などが不要な点などを考慮して価格を設定した。キングジムでは納品業者や量販店、ネット販売など強みを持つ販路を生かして企業に売り込む。初年度に8000セットの販売を目指す。

 翻訳機への参入は現時点では後発となるが、宮本彰社長はラグビーワールドカップやオリンピック、大阪万博といった国内で今後開催されるイベントを挙げて「翻訳機はこれからの市場。技術的にもまだ開発途上で完成されていない。今はベストタイミングだと思っている」と説明した。