PR

 レノボ・ジャパンは2019年7月8日、都内で新製品発表会を開き、Googleアシスタントに対応したスマートディスプレー製品を国内向けに発表した(写真1)。

写真1●レノボがスマートディスプレー製品を国内向けに発表
写真1●レノボがスマートディスプレー製品を国内向けに発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品は、目覚まし時計サイズの「Lenovo Smart Clock」と10.1型の「Lenovo Smart Display M10」の2機種。いずれも7月19日に出荷を開始する。

レノボが「目覚まし時計」をスマートに

 発表会にはレノボ・ジャパン 代表取締役社長のデビット・ベネット氏が登壇し、日本語でプレゼンテーションした(写真2)。スマートデバイスについて、「グーグルやアマゾンが新製品を投入する際にも、レノボは最初のハードウエアパートナーとして選ばれてきた。レノボ自身も最先端のデバイスを投入している」と振り返った(写真3)。

写真2●レノボ・ジャパン 代表取締役社長のデビット・ベネット氏
写真2●レノボ・ジャパン 代表取締役社長のデビット・ベネット氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●レノボによるスマートデバイス製品
写真3●レノボによるスマートデバイス製品
[画像のクリックで拡大表示]