英ジャガーランドローバー(Jaguar Land Rover)は2019年7月5日、英国ウェスト・ミッドランズ州のキャッスル・ブロムウィチ工場を電動車生産工場に転換すると発表した。同社は2020年までにすべてのモデルシリーズに電動車を加えることを計画している。同工場で生産する電動車は、高級セダン「XJ」の電気自動車モデルになる。

(写真:Jaguar Land Rover)
(写真:Jaguar Land Rover)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2019年1月に、ミッドランズ地方にある既存施設の改修と新規施設の建設に投資し、電池と電動ユニットの組立工場にすることを発表している。ハムズホール電池生産工場は2020年に稼働予定で、年間生産量は15万ユニット。ウォルバーハンプトン・エンジン生産工場は電動ユニット工場になる。