PR

 2019年7月11日、小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウンを成功させた(関連記事)宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」――。管制室で指揮を執っていたはやぶさ2プロジェクトチームプロジェクトマネージャの津田雄一氏は、管制室のメンバーにその成功を告げるとともに、「また、新たな歴史をつくった」と語ったと、記者会見を開いたJAXA宇宙科学研究所研究総主幹の久保田孝氏は明らかにした(図1)。

図1 JAXA宇宙科学研究所研究総主幹の久保田孝氏
図1 JAXA宇宙科学研究所研究総主幹の久保田孝氏
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 久保田氏によれば、2回目のタッチダウンの成功の要件は、(1)探査機本体が正常に(計画通りの速度で)上昇すること、(2)タッチダウンのシーケンスを全て予定通り実行すること、(3)採取する試料を巻き上げるための弾丸を発射するコマンドが発せられていること――という。

 (1)は、ドップラーデータから確認。(2)と(3)については、探査機本体が上昇に転じてから復旧したハイゲインアンテナを介してのより多くの情報取得で明らかになった。久保田氏によれば、弾丸を発射するための火薬が起爆したことは、その近辺の温度が探査機がタッチダウンしたとみられる時刻に上昇していることから、確認できたとしている(図2)。

図2 弾丸発射を示すという温度上昇のグラフ
図2 弾丸発射を示すという温度上昇のグラフ
(出所:JAXA)
[画像のクリックで拡大表示]