PR

コストの問題とマネジメント水準の関係性

 2つ目はコスト(C)について。開発設計マネジメントの各項目についてマネジメント水準が「高い」と回答した企業と、「低い」と回答した企業では、「コストに関する問題がない」と回答する率に開きがある。その開きがどのくらいかを示したのが図6である。

図6●コスト(C)の問題とマネジメント水準の関係性
図6●コスト(C)の問題とマネジメント水準の関係性
(出所:PwCコンサルティング)
[画像のクリックで拡大表示]

 図6の数値は、「コスト関する問題」が「ない」との回答について、マネジメント水準が「低い」企業の回答率を「1」としたときにマネジメント水準が「高い」企業では何倍に増えるかを指す。これをマネジメント項目1つひとつについて示した。全てのマネジメント項目の平均で2.36倍の開きがあり、「マネジメント水準が高い企業はコストに関する問題が少ない」傾向にあることが見て取れる。最も開きが大きかった項目はプロジェクトマネジメント(3.13倍)で、その次は組織・人材戦略(2.77倍)と続く結果だった。

スケジュールの問題とマネジメント水準の関係性

 3つ目はスケジュール(D、納期)について。開発設計マネジメントの各項目についてマネジメント水準が「高い」と回答した企業と、「低い」と回答した企業では、「スケジュールに関する問題がない」と回答する率に開きがある。その開きがどのくらいかを示したのが図7である。

図7●スケジュールの問題とマネジメント水準の関係性
図7●スケジュールの問題とマネジメント水準の関係性
(出所:PwCコンサルティング)
[画像のクリックで拡大表示]

 図7の数値は、「スケジュールに関する問題」が「ない」との回答について、マネジメント水準が「低い」企業の回答率を「1」としたとき、マネジメント水準が「高い」企業では何倍に増えるかを指す。これをマネジメント項目1つひとつについて示した。全てのマネジメント項目の平均で3.31倍の開きがあり、「マネジメント水準が高い企業はスケジュールに関する問題が少ない」傾向にあることが見て取れる。最も開きが大きかった項目はプロジェクトマネジメント(4.43倍)で、その次は組織・人材戦略(3.99倍)と続く結果だった。

業績に効くマネジメント項目は「プロジェクトマネジメント」

 以上の結果を踏まえると、QCD水準を高めるために最も強化すべきマネジメント項目はプロジェクトマネジメントであると分かる。特に、スケジュールに関する問題の低減に大きな効果が見込めるようだ。

 「QCD水準が高い企業は業績が高い」という傾向を合わせて考えれば、業績を高めるために最も強化すべきはプロジェクトマネジメントともいえる。後編ではさらにこの分析結果を深掘りして、品質・コスト・スケジュールに関する問題の低減に向けて取り組むべきマネジメント強化策について述べていきたい。

後編は2019年8月22日ごろの掲載予定です
新井本 昌宏(にいもと・まさひろ)
PwCコンサルティング合同会社 シニアマネージャー
新井本 昌宏(にいもと・まさひろ) メーカーにて生産技術、研究開発に従事。その後、複数のコンサルティングファームを経て、2014年10月から現職。現在までに、機械、電機、部品、食品、医薬品などの製造業並びに建設業における新事業開発、技術戦略策定、研究、開発、設計、生産技術、品質保証、プロダクトデザイン領域の業務改革などのコンサルティングを数多く経験。経営から現場までの一貫性と事業と技術の整合性を重視し、短期的な成果の獲得と中長期的に成果を獲得し続ける組織能力向上を同時に支援する。主な著書に「製造業R&Dマネジメントの鉄則」(日刊工業新聞社)、「3D活用でプロセス改革」(日経BP社)、「『仮説』の作り方・活かし方」(日本能率協会マネジメントセンター)など。
渡辺 智宏(わたなべ・ともひろ)
PwCコンサルティング合同会社 ディレクター
渡辺 智宏(わたなべ・ともひろ) 大手ITベンダーにて業務/組み込みシステム開発、プロジェクト・マネジメント、ソフトウエア技術の研究・開発などに携わる。その後、国内外の大手コンサルティング会社を経て現職。製造業のR&D領域における業務・組織改革、事業・技術戦略立案、新規事業開発、モジュール化、品質改善、プライシング、原価企画、PLMシステム導入などのコンサルティング、セミナーに数多く携わる。主な専門業界は通信・ハイテク、自動車および輸送機器、産業機械、ロボット・FAなど。技術に加えて、マネジメントやビジネスの知見を併せ持つR&D部門への変革を支援する。主な著書に、「『ビッグデータ』という言葉に踊らされないための品質の基本」、「技術を強みとした新規事業開発の教科書」、「製造業R&Dマネジメントの鉄則」、「3D活用でプロセス改革」など。