PR

 オプテージは2019年7月16日、作業員の安全管理を支援するサービス「みまもりWatch」を同日から提供を始めたと発表した。LPWA(ローパワー・ワイドエリア)の一種である「LoRaWAN」対応の腕時計型ウエアラブルトラッカーを使って、屋外作業や工場などにおける現場業務の安全性向上を支援する。

 同社は関西電力病院の端野琢哉医師の監修の下で、周囲の温湿度情報から最新のWBGT(暑さ指数)値を推定し、作業員ごとのバイタル情報と合わせて熱中症のリスクを判定するアルゴリズムを開発した。新サービスは同アルゴリズムを使い、作業員ごとの危険情報をWeb画面で集中監視する。

 45グラムの腕時計型ウエアラブルトラッカーと、温湿度センサーおよびmineoSIMを内蔵したLoRaWAN親機で構成する。作業現場の通信端末が送る現場周辺の温湿度と、ウエアラブルトラッカーが送る作業員の皮膚温度や心拍数を基に、熱中症の危険度を判定する。

「みまもりWatch」のイメージ
「みまもりWatch」のイメージ
(出所:オプテージ)
[画像のクリックで拡大表示]

 管理者はWeb画面上で、作業員の危険度や作業場所を確認できる。作業員の転倒を検知したり、作業員からのSOSを把握できたりする機能も搭載した。LoRaWAN親機は他のIoT(インターネット・オブ・シングズ)センサーと接続でき、オプテージは「現場の各種データ収集にも利用できる」とする。