PR

 ソフトバンクは2019年7月26日、新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催中の音楽フェス「FUJI ROCK FESTIVAL '19(フジロック)」で、5G(第5世代移動体通信システム)のプレサービスを開始した。音楽フェスにおけるプレサービスは国内初で、5Gの周波数割り当て後にユーザーが体験できるプレサービスとしても国内初という。

ソフトバンクの5Gプレサービス用のアンテナ
ソフトバンクの5Gプレサービス用のアンテナ
[画像のクリックで拡大表示]

 会場内のソフトバンクブースに用意されたVR(仮想現実)ヘッドセットを装着すると、VR空間の中にアバターとして入り、5Gネットワークを介して配信されたYouTubeのライブ映像を視聴できる。同ブースにいるアバターや「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」のソフトバンクブースから参加したアバターともコミュニケ―ションできる。

フジロック会場のソフトバンクブースでは、VRヘッドセットを使ってライブ映像を視聴できる
フジロック会場のソフトバンクブースでは、VRヘッドセットを使ってライブ映像を視聴できる

 このほか、カメラで撮影した会場内の混雑情報を表示するスマホアプリと、3D空間で再現したフジロックの会場を歩き回れるスマホアプリを提供している。いずれも5Gネットワークを使って、カメラで撮影した会場の状況といったデータを送っている。5Gで通信する端末としては、シャープとソニーモバイルコミュニケーションズの5G実証実験用スマホを使う。プレサービスの提供期間は2019年7月28日まで。

5G通信用の端末として5G実証実験用スマホを使う。左がシャープ製で右がソニーモバイルコミュニケーションズ製
5G通信用の端末として5G実証実験用スマホを使う。左がシャープ製で右がソニーモバイルコミュニケーションズ製
[画像のクリックで拡大表示]