PR

 ロシアの国営企業であるRostecは2019年7月24日、5G(第5世代移動通信システム)に向けた機器の自社開発を開始したと発表した(PR Newswire発のニュースリリース)。3GPP標準仕様に準拠し、他社ベンダーとも互換性を保つ製品を提供するとしている。

出所:RostecのWebサイト
出所:RostecのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

  2007年設立のRostecは現在、約700の企業を傘下に持つ巨大企業として、民生および軍事目的のハイテク産業製品の開発・製造・輸出を行っている。2025年までの目標として、年平均17%の収益増と、収益の50%の民生品への移行を掲げており、ロシアの社会と産業のデジタル化を推進するためにも、5G分野で高品質の民生機器の開発を進め、世界市場に進出していきたいとしている。

 同社は現在、4G LTEソリューションの開発・製造も行っており、複数の移動通信事業者に提供している。今後は、インドや中国など海外のメーカーとも協力しながら5G製品の開発を進めると同時に、様々な技術サポートなども提供していくとしている。