PR

 カナダ・マグナ(Magna International)は2019年7月24日、中国・北京汽車(BAIC)グループと合弁で、鎮江市に電気自動車(EV)の工場を建設すると発表した。鎮江市政府と基本合意し、今後、各規制当局の承認や諸条件を満たしたうえで、2019年第4四半期に正式に決定する。

(写真:Magna)
(写真:Magna)
[画像のクリックで拡大表示]

 生産する最初のEVは、北京新能源汽車の「ARCFOX」で、2020年終わりごろに発売する予定。ARCFOXにはハイエンドのスポーツカーから普通の乗用車まで何種類かのモデルがある模様で、量産車がどのタイプになるかは発表されていない。新工場の年間生産能力は最大18万台で、他のメーカーのEVを受託生産することも可能だとしている。

 この工場は、BAICグループが管理、運営する。マグナにとって欧州以外で初の完成車生産拠点となり、同社の生産技術とBAICグループのEVのマーケティング拠点および販売網を組み合わせた協業となる。

 マグナとBAICグループは、2018年6月に北京新能源汽車と中国市場向け高級EVを共同開発し、生産すると発表した。また、2019年1月には、鎮江市に新しいエンジニアリングセンターを開設し、NEVテストセンターを新設した。