PR

 博報堂DYホールディングス(HD)の「データ・エクスチェンジ・プラットフォーム設立準備室(DEX)」は2019年7月31日、個人情報を直接取り扱うことなく外部データを活用し、生活者のさまざまな特徴の推定値を企業の顧客データに付与できる新技術「モデル転移型データフュージョン」を開発したと発表した。

 同技術では外部データを活用し、機械学習で構築した統計モデルにより生活者のさまざまな特徴の推定値を顧客データに付与する。統計モデルによる推定値のみが提供されるので、個人情報の取り扱いに該当せず、安心・安全に外部データの活用が可能になる。

 企業は自社の顧客データに対して、生活者の属性や趣味嗜好、ライフスタイルやライフステージの変化などに関するさまざまな特徴の推定値を付与することが可能となる。自社のマーケティング課題に合わせて、Webサイトにおけるレコメンドページの出し分け、メルマガやDM送付などのCRM、営業職員の活動支援、ネット上の広告配信などでの活用が期待できるとしている。

「モデル転移型データフュージョン」による顧客の特徴の推定イメージ
「モデル転移型データフュージョン」による顧客の特徴の推定イメージ
(出所:博報堂DYホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 DEXは今後、モデル転移型データフュージョンを活用し、さまざまな企業と実証実験を進める方針。