PR

 ノルウェー・ノルディック(Nordic Semiconductor)は、「LTE-M」と「NB-IoT」のセルラーIoT(Internet of Things)ネットワークに対応する無線通信モジュール「nRF9160 System-in-Package(SiP)」が量産段階に入った、と発表した(ニュースリリース)。同社はこのモジュールについてすでに複数回発表しているが(例えば、関連記事)、今回、世界の主な国や地域での認証を得たことで、量産を宣言したという。

nRF9160 SiP(出所:ノルディック)
nRF9160 SiP(出所:ノルディック)
[画像のクリックで拡大表示]

 認証を得た技術基準/電波法は、GCF(Global Certification Forum)、PTCRB、米国のFCC(Federal Communications Commission)、EUのCE、カナダのISED(Innovation, Science and Economic Development)、オーストラリアのACMA(Australian Communications and Media Authority)、日本のTELEC/RA、台湾のNCC(National Communication Commission)、シンガポールのIMDA(Infocomm Media Development Authority)などである。

 nRF9160 SiPには、同社のSoC(System on Chip)「nRF91 SoC」と米コーボ(Qorvo)のカスタムRF(無線周波数)フロントエンド回路などが収められている。nRF91 SoCは、Arm Cortex-M33と1Mバイトのフラッシュメモリー、LTE-M/NB-IoTに対応したマルチモードモデム、SAW(弾性表面波)フィルターが不要なトランシーバー、GPS(全地球測位システム)レシーバーなどを集積する。このSiPのパッケージサイズ(大きさ)は10mm×16mm×1mm。価格などは未公表。