PR

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は2019年9月末をもって、バーコード決済サービス「7pay」を廃止する方針を固めた。2019年8月1日の午後3時から、都内で緊急の記者会見を開き、後藤克弘副社長らが7pay廃止の理由や一連の問題について説明するとみられる。

 7payのサービスは7月1日に始まったが、セキュリティー対策の不備によって不正利用される事件が発生。サービスを一時停止し、改善に努めていたが、信頼回復が難しいと判断した。

 セブン&アイHD広報は「会見までコメントは差し控える」としている。