PR

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は2019年8月1日、都内で緊急記者会見を開き、バーコード決済サービス「7pay」を2019年9月30日で廃止すると発表した。不正アクセスの手口は「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」とも明らかにした。

 同社の後藤克弘副社長はサービスを廃止する理由について「抜本的な対応を完了するには相応の期間を要するうえ、お客様が依然としてご不安をお持ちであり、サービスの継続は困難であるという結論に至った」と説明。被害状況は7月31日午後5時点で合計808人、総額3861万5473円。7月中旬以降の新たな被害は確認されていないという。

緊急記者会見の様子。写真左から2番目がセブン&アイ・ホールディングスの後藤克弘副社長
緊急記者会見の様子。写真左から2番目がセブン&アイ・ホールディングスの後藤克弘副社長
[画像のクリックで拡大表示]

 後藤副社長は犯行を防げなかった理由を、7payの「認証レベル」「開発体制」「システムリスク管理体制」の3つにあるとした。今後は外部の様々な決済サービスを活用していくとした。自社のスマホ決済を再開する可能性については、「7payはこういう状況になったが、スマホ決済のニーズは高まっているので、もう一度参加できるか検証していきたい」(同)との回答にとどめた。