PR

 中国の新興EVメーカーである華人運通(Human Horizons)は2019年8月1日、最初の量産車の準備モデル「高合(HiPhi)1」を発表した。レベル3の自動運転機能を搭載したEVで、世界の富裕層市場をターゲットにした高級E-SUVだ。2020年末までに量産する予定。

(写真:Human Horizons)
(写真:Human Horizons)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2017年の創業以来、スマートカーの開発に取り組んでいる。「3-Smart(スマート自動車、スマート交通、スマート都市)」という戦略を掲げており、それを実現する「H-Vehicle Technologies」「U-V2X Collaboration」「A-Connectivity&Sharing」という三つの技術要素を備えた新時代のクルマの開発を目指しているとのことだ。

(写真:Human Horizons)
(写真:Human Horizons)
[画像のクリックで拡大表示]