たった20枚の不良サンプルでAIモデルを作成

 図1:「DEEPS AI Inspector」の「違和感検知」から「不具合特定」へのステップアップ(出所:テクムズ)
図1:「DEEPS AI Inspector」の「違和感検知」から「不具合特定」へのステップアップ(出所:テクムズ)

カーソルキー(←/→)でも操作できます