DiDiモビリティジャパンは2019年9月25日、スマートフォン決済サービス「PayPay」の利用でタクシー代を半額にするキャンペーンを始めると発表した。DiDiは2019年中にサービスの展開都市を現在の12から20に増やす目標を掲げており、PayPayとのキャンペーンで利用者拡大に弾みをつける。

 2019年9月27日から同10月末までキャンペーンを展開する。DiDiのアプリで配車する際にPayPay残高での支払いを選ぶとタクシー代が半額になる。1日1回、割引上限は2000円で、DiDiとPayPayが負担する付与額が合計2億円を超えると、期間中でもキャンペーンを終了する。

 DiDiはゼンリングループとの業務提携も発表し、DiDiのタクシー乗務員向けアプリでゼンリンデータコムのナビゲーションアプリを順次利用できるようにする。乗車のしやすさや安全性を考えたルートで案内できるようになるという。

 記者会見したDiDiの菅野圭吾副社長は「タクシーをもっと身近でお得に使ってもらうために、さらに(他社との)パートナーシップを強めていく」と語った。PayPayの馬場一副社長執行役員は「PayPayを決済以外でも使えるスーパーアプリにしていく」と力を込めた。

DiDiモビリティジャパンの菅野圭吾副社長(左)とPayPayの馬場一副社長執行役員
DiDiモビリティジャパンの菅野圭吾副社長(左)とPayPayの馬場一副社長執行役員
[画像のクリックで拡大表示]