PR

 パナソニックが2019年10月15日から開催される国内最大級のエレクトロニクス業界の展示会「CEATEC 2019」(2019年10月15~18日、幕張メッセ)に出展しないことが明らかになった。同社の同展示会へ出展見合わせは初めて。

 同社は撤退について「もっと来場者の属性が明確な展示会への出展に注力したい」(同社)とコメントした。最近のCEATECは家電見本市としての継続ではなく、異業種の企業が連携する展示会へと転換を進めてきた(関連記事) 。その結果、来場者の属性が多岐にわたってしまい、同社が求める顧客との接触には非効率的だと判断したようだ。

 一方で同社は2019年9月にドイツ・ベルリンで開催された国際家電見本市「IFA 2019」では巨大なブースを出展している(展示例1展示例2) 。同展示会への出展を主導したのは同社の家電事業の社内カンパニーであるアプライアンス社。片やCEATECは明確な社内カンパニーや事業部が見当たらず、これまで本社部門が担当していた。

 実は撤退の兆候は2018年からあった。同年のCEATEC JAPAN 2018で同社は、これまでブースを構えていた総合家電メーカーが集まるエリアから部品メーカーのエリアに移動、ブースの面積も2017年と比べて縮小していた(CEATEC JAPAN 2018におけるパナソニックの展示例) 。

昨年(CEATEC JAPAN 2018)の出展例
昨年(CEATEC JAPAN 2018)の出展例
撮影:日経 xTECH
[画像のクリックで拡大表示]