PR

 スズキは2019年9月30日、新型の小型SUV(多目的スポーツ車)をインドで発売した。2020年4月に同国で導入される新しい排ガス規制「バーラト・ステージ(BS)6」注1)に対応したのが特徴である(図1)。

注1)2020年に欧州で導入される「ユーロ6」に相当する(四輪車の場合)もので、世界的に見ても厳しい規制になる。

S-PRESSO
図1 インド向け新型SUV「S-PRESSO」
(出所:スズキ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車「S-PRESSO(エスプレッソ)」は、スズキの軽自動車向け軽量高強度プラットフォーム「Kプラットフォーム」注2)を適用し、排気量1.0Lで直列3気筒のガソリンエンジンを搭載する。変速機は5速MT(手動変速機)、あるいは5速自動MT「AGS(オートギアシフト)」を組み合わせる。ストロングハイブリッド車(HEV)や簡易HEVではなく、ガソリン車でBS6に対応したという。

注2)軽自動車向けのKプラットフォームは搭載するパワートレーンに柔軟性があり、0.66Lの軽自動車用エンジンだけでなく、1.0Lのエンジンも搭載できる。

 同社のインド法人であるマルチ・スズキ・インディア(Maruti Suzuki India)が、「エスクード」(図2)などスズキの小型SUVのデザインを取り入れて開発した。新型車の車両寸法は、全長3565×全幅1520×全高1549mm。Aセグメントに属する車両である。マルチ・スズキのマネサール(Manesar)工場で生産する。

エスクード
図2 小型SUV「エスクード」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年度のインドの乗用車市場は約337万台で、その約60%を全長4000mm未満の小型車が占めた。若者層を主なターゲットとする新型の小型SUVを投入することでスズキは、販売が苦戦するインド市場をテコ入れする。