PR

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2019年10月4日に発表した同年9月の車名別新車販売台数によると、ホンダの軽自動車「N-BOX」が25カ月連続で首位を守った(図1)。

N-BOX
図1 25カ月連続首位の「N-BOX」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 2位はダイハツ工業の軽自動車「タント」、3位は日産自動車の軽自動車「デイズ」、4位はスズキの軽自動車「スペーシア」。1位から4位までの順位は8月と同じだった。8月にはN-BOXとタントの販売台数の差は1444台まで縮まったが、9月は6626台に広がった(図2)。

タント
図2 総合2位の「タント」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 登録車だけの順位では、トヨタ自動車の小型ミニバン「シエンタ」が2カ月連続で首位になった。総合順位でも5位に入り、8月から1つ順位を上げた。9月の販売台数は前年同月に比べて85.4%増加の1万3558台であり、6カ月連続で前年実績を上回った。