PR

性能が向上した新「Fire HD 10タブレット」

 Fireタブレットの新製品としては新「Fire HD 10タブレット」を発表した(写真8)。前世代機よりプロセッサー性能が30%向上し、フロントとリアには200万画素のカメラを搭載。ストレージは32GBと64GBの2モデルで、最大512GBのmicroSDカードにも対応する。

写真8●「Fire HD 10タブレット」の新モデル
写真8●「Fire HD 10タブレット」の新モデル
[画像のクリックで拡大表示]

 USB端子はUSB 2.0 Type-Cを採用し、本体カラーは3色展開になった(写真9)。価格は32GB版が1万5980円、64GB版が1万9980円(いずれも税込み)となっている。

写真9●USB Type-Cを採用
写真9●USB Type-Cを採用
[画像のクリックで拡大表示]

 新しいFire HD 10タブレットをベースにした子ども向けモデルとして「Fire HD 10タブレット キッズモデル」も発表した(写真10)。スタンド型キッズカバーは従来のブルーとピンクに加え、新たにパープル色が加わった(写真11)。

写真10●「Fire HD 10タブレット キッズモデル」
写真10●「Fire HD 10タブレット キッズモデル」
[画像のクリックで拡大表示]
写真11●キッズカバーにパープル色を追加
写真11●キッズカバーにパープル色を追加
[画像のクリックで拡大表示]

 子どもの使い過ぎを防ぐ機能として、15分単位で利用時間を制限できる「ペアレンタルコントロール」や、不適切なコンテンツへのアクセスを管理できる「ペアレントダッシュボード」を搭載(写真12)。「ロック機能」では、食事の時間などに離れたところから子どものタブレットをロックできるとした。

写真12●保護者向けの管理機能を搭載
写真12●保護者向けの管理機能を搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 他のキッズモデル同様、プロフィルを切り替えることで通常のFireタブレットとして、Amazonプライム・ビデオなど大人向けのコンテンツを楽しめる。

 価格は1万9980円(税込み)。セット内容はFire HD 10タブレット(32GB、ブラック)、1年間のFreeTime Unlimited、2年間の限定保証、3色から選べるスタンド型キッズカバーとなっている。