PR

 スペインテレフォニカ傘下の英O2は2019年10月17日、4Gと同額で使える5Gネットワークサービス開始を発表した(O2のニュースリリース)。英国ではVodafone(ボーダフォン)とEEが同年5月に5Gモバイルサービス開始を発表(関連記事1関連記事2)。英BTも同年10月11日に同サービスを発表している(関連記事3)。O2は本発表当日の同年10月17日に5Gサービスを開始。同社の4Gサービス加入者は5Gプランに即日移行が可能としている。

 今回の5Gサービスは、ベルファスト、カーディフ、エディンバラ、ロンドン、スラウ、リーズの6都市の主要地区で提供。ロンドンのウォータールーやキングスクロス、エディンバラのヘイマーケット、リーズのトリニティーショッピングセンター、ベルファストのサウスシティーセンター、試合日のロンドン、トゥイッケナムスタジアムやエミレーツスタジアム周辺のホットスポットなどでアクセス可能となる。同年末には英国内20都市、2020年夏までには50都市でのサービスを開始するとしている。

出所:O2の公式Twitter
出所:O2の公式Twitter
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の5Gプランは、5G端末費用を除き、4G時と同額で提供。契約期間、データ量を自由に選択可能となっている。5G端末購入についても、頭金の金額や残り費用の支払い方法(3~36カ月の分割払いが可能)を選べるほか、月単位でのデータプランを変更できる。

出所:O2
出所:O2
[画像のクリックで拡大表示]

 また、米Facebook傘下の米Oculusや英MelodyVRとの連携による、VR音楽アプリ提供つきのプランもあり、こちらは、Oculus Go やMelodyVRなどのVRヘッドセットが12カ月間使用可能となっている。

 対応するスマートフォンは、韓国Samsung Electronicsの「Galaxy S10 5G」「Galaxy Note 10+ 5G」「Galaxy A90 5G」および中国Xiaomiの「Mi MIX 3 5G」の4種類。このほか、米Appleの「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の90Gバイト、120Gバイト、データ無制限プラン加入者は、2020年の新社スマートフォンへのアップグレード時に100ポンド引きになるとしている。

 なお、ビジネス顧客向けにはデータ無制限プランを既に用意しているが、詳細については今後発表するとしている。