PR

 日野自動車とドイツTRATONは2019年10月29日、グローバル調達に関して協力するため、合弁会社「HINO & TRATON Global Procurement」を設立したと発表した。新会社の出資比率はTRATONが51%、日野が49%。ドイツのミュンヘンと東京にオフィスを構える。新会社は、両社が調達している幅広い部品と技術を対象とし、欧州やアジアだけでなくその他の地域でも協力して、部品調達基盤の強化を図る。

(写真:TRATON)
(写真:TRATON)
[画像のクリックで拡大表示]

 TRATONは、ドイツ・フォルクスワーゲンのトラック・バス部門であるVolkswagen Truck & Bus(VWTB)が、2018年に改名してできた企業。VWTBと日野は2018年4月に商用車分野における包括提携を結んでおり(関連記事)、今回の調達会社設立もこの協力関係に基づくもの。両社は2018年9月に発表した電動車/電動技術の協業を含め、他の領域でも相乗効果を追求していくという。