PR

 サイバーエージェントは2019年10月31日、子会社のAJAが広告主向けに提供する広告配信プラットフォーム「AJA DSP」が、民放公式テレビポータルサイト「TVer」および放送局各社が運営する動画配信サービス(キャッチアップサービス)の広告在庫の買い付けができるインストリーム広告マーケットプレイス「TVer PMP」と連携したと発表した。

(出所:サイバーエージェント)
(出所:サイバーエージェント)
[画像のクリックで拡大表示]

 TVer PMPは、在京民放5社(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)とフリークアウトが共同で開発・提供するインストリーム広告のマーケットプレイスである。今回、AJA DSPはTVer PMPの接続パートナーとして認定され、RTB(Real Time Bidding)接続を開始した。

 これにより広告主企業はAJA DSPを通じて、TVerおよび放送局各社が運営するキャッチアップサービスにおいて、各放送局の在庫を横断して広告配信することが可能となる。ブランドセーフティーが担保された安全な環境で、フルスクリーンかつ音声付きの自動再生という質の高い視聴体験を提供できるため、サービスや商品のブランドを守りながらプレミアムな広告配信を実現できるという。

 なお、2019年10月23日にはフリークアウトが、マーケティングプラットフォーム「Red」をTVer PMPの認定接続パートナーとして連携し、広告在庫へのインストリーム動画広告の配信サービスを提供すると発表している。