PR

 バスキュールとスカパーJSAT、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年11月6日、国際宇宙ステーション(ISS)にスタジオを開設し、「宇宙メディア事業」の創出に向けた活動を始動すると発表した。

 3者は、地上400km上空を秒速8kmで周回するISSの日本実験棟「きぼう」(JAXAが開発した有人実験施設)を活用したメディアプラットフォームの実現に向けた検討を開始した。バスキュールは、2020年以降のフェーズ1において、「きぼう」船内に番組スタジオ「The Space Frontier Studio KIBO(きぼう宇宙放送局)」を開設し、宇宙に設置されたディスプレイを介して宇宙と地上でリアルタイムにコミュニケーションが楽しめる、双方向ライブ配信の開始を予定する。

双方向ライブ配信のイメージ
双方向ライブ配信のイメージ
(出所:バスキュール)
[画像のクリックで拡大表示]

 きぼう宇宙放送局から届く番組は、スカパーJSATとともに、BS放送チャンネル「BSスカパー!」や、「YouTube」、SNSなどで放送・配信を行う予定。今回のプロジェクトに賛同するクリエーターと共に、世界中の人々に向けたコンテンツを企画していく予定という。

 この取り組みを実現させるため、バスキュールは、「きぼう」の機器などを活用し、ISSと地上との通信回線制約を考慮したデータ通信プロトコル、短時間で起動可能な双方向通信用専用アプリケーションを独自に開発し、2020年夏以降を目途に、対面型双方向ライブ配信システムの技術実証および事業化着手に向けた実証を実施する。また、2021年頃を想定しているフェーズ2では、XR(AR/VR)も活用し、これまでにない映像配信を目指す。

 スカパーJSATは、フェーズ1の番組に連携パートナーとして参画するとともに、「きぼう」船外に構築する新たなカメラシステムによる、超高画質放送・配信開始に向けた検討(フェーズ2)と、ISSを利用した新たな通信システムの構築の検討(フェーズ3)も並行して開始する。スカパーJSATが軌道上に多数保有する衛星通信網も活用して、2022年以降、「きぼう」からの超高画質ライブ放送・配信を目指す。

 JAXAは、地球近傍の宇宙空間(地球低軌道)を民間主体の経済活動の場へ発展させていくことを目指し、新たに構築される対面型双方向ライブ配信システムの利用方法や、全てのフェーズにおいて民間事業の創出を後押しする「きぼう」の機能拡充についての検討を進める。さらにフェーズ1の事業実施に関する安全評価や、軌道上機器の設置および運用作業を行う。