PR

 メディカロイドとオプティムは、次世代医療用ロボットのAI化に向けた業務提携に関する覚書(以下、MOU)を締結した。人工知能(AI)やIoT技術を応用した次世代手術支援ロボットシステムの開発を通じて、理想の医療の実現を目指す。

左がメディカロイド 代表取締役社長の橋本康彦氏、中央がオプティム 代表取締役社長の菅谷俊二氏
左がメディカロイド 代表取締役社長の橋本康彦氏、中央がオプティム 代表取締役社長の菅谷俊二氏
(写真:メディカロイドとオプティム)
[画像のクリックで拡大表示]

 医療分野においては、手術支援用ロボットにおける「手術ナビゲーションシステム」の開発が期待されている。手術ナビゲーションシステムは、さまざまなセンサーやAIを利用し、手術前に作成した治療計画データと手術中に獲得したデータを統合して、ロボットの位置姿勢をガイドし、より安全で安心な手術の実現をサポートするもの。AIを活用し、術者がすべての動作を指示しなくても、一部が自律的に動作するようなオートノミー機能に関する研究も進んでいる。

 こうした状況のなかで、メディカロイドとオプティムは、シスメックスとともにAIとIoTを活用した「手術支援ロボット」に関するサービスやサポートシステムの開発を進めている。さらに今回、メディカロイドとオプティムは、次世代医療用ロボットのAI化に向けて業務提携することに合意した。

 メディカロイドは、医療用ロボットのマーケティングや開発、設計、製造、販売、アフターサービスなどの事業を手掛けている。オプティムは、IoTプラットフォームサービスやリモートマネジメントサービス、サポートサービスなどのライセンス販売や保守サポートサービス事業を担っている。