PR

 ニコンとDMG森精機は、包括的な業務提携契約を結ぶことで基本合意した(ニコンのニュースリリース、DMG森精機のニュースリリース)。ニコンの計測技術やカメラに関連する技術とDMG森精機の工作機械を組み合わせることで、より高度な製品を両社で開発する。

 提携を通してニコンは、DMG森精機の知見を材料加工事業に生かす。加えて、DMG森精機のグローバルな販売網を活用してニコンの光加工機を販売する。ニコンの光加工機とは、レーザーを使った指向性エネルギー堆積法(LMD)を採用した金属3Dプリンター。マーキングや接合、研磨なども可能だ(関連記事)。同社は2019~2021年度の中期経営計画で材料加工事業を注力テーマに掲げており、今回の提携によって光加工機の拡販を含めて事業立ち上げの加速を図る。

 一方のDMG森精機は、工作機械のデジタル化を進める。同社のユーザーの現場では、多品種少量生産への対応として高精度化・デジタル化・自動化された機械の利用が増えている。さらに、機械加工と計測の複合化に伴い、非接触計測技術の重要性が高まっているという。