PR

 スペインの自動車メーカーでVolkswagenグループのセアト(SEAT)は、2019年11月19日からバルセロナで開催される「Smart City Expo World Congress」で、電動スクーターのコンセプトカーを披露すると発表した。都市の持続可能なソリューションの提供を目的とした都市型モビリティー戦略の一環として、市販を前提に開発したもの。125ccクラスの2輪車と同等の性能を持つという。

開発中の電動スクーター
開発中の電動スクーター
(写真:SEAT)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、2019年2月にバルセロナで開かれた携帯通信関連展示会の「Mobile World Congress」で、Volkswagenグループのマイクロモビリティー戦略をリードしていくと発表した。同社はこの戦略に沿って超小型モビリティーのコンセプトカー「Minimó」や米セグウェイ(Segway)の技術を使った電動キックスクーター「eXS」などを発表している。

 同社の本拠地であるバルセロナは、欧州の大都市の中で一人当たりの2輪車保有台数が最も多い。同社は、バルセロナを拠点とする電動バイクメーカーのSilenceと今回の電動スクーターを共同開発した。

電動キックスクーターのeXS、25km走行できる
電動キックスクーターのeXS、25km走行できる
(写真:SEAT)
[画像のクリックで拡大表示]

 この電動スクーターは、個人ユーザーだけでなくバイクシェアリング向けにも販売する予定。将来のモビリティーのトレンドの一つであるシェアリングサービスなど、持続可能な経済活動に対応するため、同社は自動車の製造販売だけでなく、交通・輸送分野のサービスプロバイダーになることを目指している。すでにカーシェアリングサービス「Respiro」を展開し、電動キックスクーターのeXSの販売も始めている。