PR

 GEヘルスケア・ジャパンと慶応義塾大学は、AIサイエンティストの育成と研究促進を相互に支援しあう産学医工連携のプロジェクトを始動する。日本が直面するAIデータサイエンティスト不足の課題に対して、医療分野で連携するとともに産学医工連携の強みを活かし、人材育成や研究創出のためのエコシステムの構築を目指す。

 プロジェクトでは、慶応義塾大学の医学部および理工学部の学生が集まるプロジェクトルームを慶応義塾大学病院内に設置する。この新たな環境にAI研究開発のためのITインフラを整備し、「AI×画像診断」「AI×メディカル」で世界をリードするAIデータサイエンティストの創出に向けた教育やトレーニングの仕組みを取り入れる。

 研究のスピードと質の向上、論文・学会発表を促進する連携推進プロジェクトチームを発足させ、新しいアルゴリズムの製品応用や社会実装を実現する。臨床的な意義と工学的な価値を掛け合わせる産学医工連携の活動を通して、医療分野におけるAIの社会実装を加速させていく。

 近年は、さまざまな分野でデジタルトランスフォーメーションが進められており、AIデータサイエンティストへのニーズは高まっている。しかし日本ではその絶対数が不足しているほか、優秀なAIデータサイエンティストが携わっても、研究結果が社会実装につながりにくいといった課題もある。

 そうした課題に取り組むべく、GEヘルスケア・ジャパンと慶応義塾大学医学部、理工学部は、AIデータサイエンティスト育成のための連携協定を締結した。GEヘルスケア・ジャパンと慶応義塾大学は、次世代を担う人材の育成とAI研究の加速という視点で協議を進めた結果、両者間で相互の人的、知的、物的資源の交流を推進し、その成果を社会実装していくエコシステムを構築することで合意した。