PR

 2019年11月20日、米マイクロソフト(Microsoft)のクラウドサービス「Office 365」で一部サービスに接続できなくなるなどのシステム障害が発生した。同社のサービス稼働状況を知らせる公式サイトによれば、グループウエアの「Exchange Online」や「SharePoint Online」、コミュニケーションツールの「Microsoft Teams」や「Skype for Business」などでアクセスの問題が断続的に発生する可能性があるという。

2019年11月20日の午前11時前後にWeb版「Microsoft Teams」にアクセスしようとすると、PCはインターネットにつながっているにもかかわらず「インターネットに接続がされていません」というエラーが表示されて利用できなかった
2019年11月20日の午前11時前後にWeb版「Microsoft Teams」にアクセスしようとすると、PCはインターネットにつながっているにもかかわらず「インターネットに接続がされていません」というエラーが表示されて利用できなかった
[画像のクリックで拡大表示]

 午前10時40分ごろには、一時的にWeb版のTeamsに接続できない状況が発生した。スマートフォンアプリ版からは通常通り利用できたとみられる。日本マイクロソフトは「障害の状況はユーザーによって異なるとみている。影響範囲や原因は調査中で、現時点で開示できる情報は無い」(広報)とした。

 Office 365では19日にも、外部からの電子メールを一時的に受信できなくなるといったシステム障害が発生していた。今回の障害との関連性についても「調査中」(広報)とした。