PR

家庭用急速充電器を提供

 EVユーザーが充電する場所は80%が自宅であるため、家庭用電源に直結した場合に比べ最大5倍の急速充電が可能となるEV充電設備「Ford Connected Wallbox」を用意した。外出先での充電は、接続されたナビゲーションシステムによって近くの公共充電ポイントを探し、ユーザーに最適な充電ポイントを知らせる。

(写真:Ford Motor)
(写真:Ford Motor)
[画像のクリックで拡大表示]

 Liイオン2次電池を床下の前後車軸間に配置したことで、室内は5人乗りとして十分な広さと821Lの後部荷室スペースを確保した。後席を折りたたむと1687Lまで拡大する。さらに、EV化したことでフロントフード下に136Lの収納スペースを設けることができた。フロントの収納は水はけがよいので、濡れたスポーツウエアや泥に汚れた靴などを入れておくのに適している。

(写真:Ford Motor)
(写真:Ford Motor)
[画像のクリックで拡大表示]

 通信およびエンターテインメントシステムには、次世代「SYNC」を採用する。15.5インチのタッチスクリーンを搭載し、シンプルなメニューでスマートフォンと同じようにタッチ、スワイプ、ピンチコントロールで操作する。次世代SYNCは、使い始めるとドライバーの好みを素早く学習し、ドライバーに合わせた提案をする。また、無線アップデートが可能で、継続的にシステムやサービスの改善や新しい機能を追加できる。

(写真:Ford Motor)
(写真:Ford Motor)
[画像のクリックで拡大表示]