PR

 背景として、NTTコムは2013年にMVNOサービスに進出し、2016年時点では業界シェア1位だったことを振り返り、「再びMVNO業界でナンバーワンを目指す」(木藤氏)と宣言。光セット割の適用時に月額980円からとなる新コースを発表した(写真4)。

写真4●従来より値下げした新コースを発表
写真4●従来より値下げした新コースを発表
[画像のクリックで拡大表示]

 新コースではデータ容量が1GBのプランが加わり、3GB以上のプランは従来コースより値下げした(写真5)。最大30GBまで6つのプランを提供する。いずれも最低利用期間はなく、解約時の違約金も不要。追加の容量は1GBあたり500円で、3カ月間の繰り越しも可能だ。

写真5●OCNモバイルONE 新コースの料金
写真5●OCNモバイルONE 新コースの料金
[画像のクリックで拡大表示]

 キャンペーンとして、新コースで音声対応SIMを契約すると月額850円の10分かけ放題オプションを最大12カ月間、月額300円で提供する。MNPを利用した新規ユーザーには合計4000円の還元も実施するとした。

新コースは速度低下に新たな対策、「低速通信時の制限」を強化

 新コースでは料金の値下げ以外に、通信速度の向上につながる新たな通信制限を導入するという。詳細はOCNモバイルONE テクニカルプロデューサーの藤原康行氏が説明した(写真6)。

写真6●OCNモバイルONE テクニカルプロデューサーの藤原康行氏
写真6●OCNモバイルONE テクニカルプロデューサーの藤原康行氏
[画像のクリックで拡大表示]