PR

 UACJとUACJ製箔、SAPジャパン、ドクターズは、開封検知付アルミ箔を使用した服薬管理システムの共同研究を実施し、実証試験を開始したと発表した。2022年までのシステムの実用化を目指して4社共同で開発を進め、服薬管理で患者の健康促進に貢献するシステムを構築する。

図:服薬管理システムの想定シナリオ
図:服薬管理システムの想定シナリオ
(図:UACJ)
[画像のクリックで拡大表示]

 国内の医療費増加において、残薬の増加も医療費の増加に拍車をかけている。そこでUACJは、処方されている薬を過不足なく服薬してもらうために、開封の有無を管理できる包装材として開封検知付きアルミ箔を開発した。医薬品包装材料に印刷技術で電気回路を形成したシール状箔となっており、既存PTP(Press Through Pack)包装に貼り付け、専用デバイスで通信する。

図:開封検知アルミ箔の使用イメージ
図:開封検知アルミ箔の使用イメージ
既存PTP包装に貼り付け、専用デバイスで通信する。(図:UACJ)
[画像のクリックで拡大表示]

 開封検知付きアルミ箔を使用した服薬管理システムを4社で開発する。服薬管理システムは、錠剤の処方での利用を想定。患者が医薬品を開封した際に回路印刷アルミ箔が錠剤の包装材の破断を検知し、スマートフォンなどの通信機器によって家族や医師に通知することで、遠方でも服薬状況の管理が可能となる。これにより、薬の飲みすぎや飲み残しを防ぎ、患者の健康維持を実現する。

図:試作品の外観イメージ
図:試作品の外観イメージ
(図:UACJ)
[画像のクリックで拡大表示]

 システム構築では、UACJとUACJ製箔が開封検知付アルミ箔の開発・製造を担う。SAPジャパンは、データの収集・解析を行うシステムとして開発環境の「SAP Cloud Platform」と分析ソフトの「SAP Cloud Analytics」を用意するとともに、ユーザーからのフィードバックを取得するソフトウェア「SAP Qualtrics」を提供する。ドクターズは医療専門家クラウドソーシングサービス「Doctors Cloud」を提供し、実証試験プロトコールの立案と運営、医療従事者の意見の集約化とフィードバックを担当する。