PR

 ガンダムとシャアザクが宇宙から2020年の東京オリンピック・パラリンピックを応援――。ISS(国際宇宙ステーション)から放出された、テレビアニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル“ガンプラ”を搭載した超小型衛星が秒速8kmの超高速で地球周回軌道を飛行しながら、東京2020大会へ応援メッセージを発信するプロジェクトの実現に向けて大きく前進した。

 同企画を推進する東京2020組織委員会は2019年12月3日、超小型衛星「G-SATELLITE」が完成したことと、東京2020大会に向けた企画を発表した。このプロジェクトは東京大学とJAXA(宇宙航空研究開発機構)などがコラボするもので、名称は「宇宙から東京2020エール!第2弾 “G-SATELLITE 宇宙へ”」。G-SATELLITEは、超小型衛星の開発で有名な東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻中須賀船瀬研究室が手掛けた。

ガンダムとシャアザクのガンプラを搭載した超小型衛星「G-SATELLITE」のエンジニアモデル。秒速8kmで地球周回軌道を飛行しながら、東京2020大会へ応援メッセージを発信する
ガンダムとシャアザクのガンプラを搭載した超小型衛星「G-SATELLITE」のエンジニアモデル。秒速8kmで地球周回軌道を飛行しながら、東京2020大会へ応援メッセージを発信する
(写真:久我智也)
[画像のクリックで拡大表示]