PR

 朝日放送グループホールディングス(朝日放送グループHD)は2019年12月4日、アニメや外画の吹替音響制作やテレビ番組などのポストプロダクション事業を手掛けるプロセンスタジオの経営権を取得する資本業務提携契約を締結したと発表した。

 朝日放送グループHDは中期経営計画において、「強力なIP(知的財産)を有するコンテンツを保有し、当該コンテンツを活用してマネタイズすることで、総合コンテンツ事業グループとなる」ことを目指している。プロセンスタジオを東京のポスプロ拠点として、映像・音響の編集事業強化を図る。IPを獲得・マネタイズする仕組みの柱の一つに位置づける。

 また、同社は大阪本社でのローカル番組制作に加えて、東京で全国ネット番組やドラマの制作も多数行っているが、東京ではポストプロダクション作業は外部へ委託している。今回の資本業務提携を通じて、制作機能の内製化の促進を目指す。