PR

 THK、NTTドコモ、シスコシステムズ、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の4社は2019年12月10日、製造業向けインターネット・オブ・シングズ(IoT)サービス「OMNIedge(オムニエッジ)」を共同で提供すると発表した。12月18日に受注を開始し、2020年1月下旬にサービスや対応センサーの提供を始める。価格は月額8000円から。

OMNIedgeのサービス開始を発表する、THKの寺町崇史専務執行役員(左から2番目)など4社幹部
OMNIedgeのサービス開始を発表する、THKの寺町崇史専務執行役員(左から2番目)など4社幹部
[画像のクリックで拡大表示]

 同サービスは工場の設備に後付けするセンサーとルーター、LTE回線、クラウドサービス、導入・運用支援サービスなどをセットにしたもの。ユーザーが工場設備を買い替えることなく、現在運用中の設備を使い続けながらIoTで故障予知などができる。

 第1弾として直動案内(リニアガイド)の故障予知サービスを2020年1月下旬から提供する。リニアガイドの終端部に1軸の加速度センサーを装着し、振動の波形の微妙な変化からリニアガイドの破損や潤滑不全といった異常の予兆を早期に検知してアラートを出す。THKの寺町崇史専務執行役員は「2018年10月から展開した無償トライアルでは、導入した51社のうち37社で本格導入に向けた商談が進んでいる」と、故障予知の精度の高さをアピールする。

直動案内(リニアガイド)の右端に加速度センサーを後付けし、振動データを収集する
直動案内(リニアガイド)の右端に加速度センサーを後付けし、振動データを収集する
[画像のクリックで拡大表示]

 第2弾として2020年夏をめどにボールねじの故障予知サービスを展開する予定。それに先駆けボールねじの故障予知の無償トライアルを、2019年12月18日から50社限定で募集する。それ以降も対象部品やサービスの機能を順次拡張する計画で、寺町専務は「3年後に数十億円の事業規模を目指す」としている。

センサーが収集したデータをクラウドの管理画面で確認できる
センサーが収集したデータをクラウドの管理画面で確認できる
[画像のクリックで拡大表示]