PR

 テレビ朝日とKDDIは2019年12月12日、動画配信サービスの新たな展開を目的とした共同出資会社を設立すると発表した。

 KDDIは、LDEX設立準備株式会社(LDEX)を2019年12月11日に設立し、2020年3月2日を目途にKDDIの営む動画配信事業のうち「ビデオパス」(定額型および都度課金型動画配信サービス)の企画・運営に関わる事業を吸収分割によりLDEXに継承させることを12月12日に決議した。さらにテレビ朝日とKDDIは2020年3月2日付(予定)でLDEXの株式の半数をテレビ朝日がKDDIから譲り受け、両社でLDEXを共同運営することで合意した。

 テレビ朝日は今回の取り組みにより、これまで手掛けていなかった定額型の動画配信サービス事業に本格的に参入する。テレビ朝日とKDDIはLDEXを通じて、テレビ朝日の地上波の番組を中心とした動画コンテンツや、地上放送をはじめとした訴求力、KDDIの5G(第5世代移動通信システム)をはじめとした先端テクノロジーと映像描画技術、顧客基盤といった両社のアセットを融合し、新しい映像視聴体験の提供を目指す。さらに通信・デジタル広告・先端技術を活用した新たなコンテンツにおける市場拡大にも取り組む。LDEXより提供予定のサービス名・動画配信サービスの詳細などについては、内容が決まり次第発表する。