PR

 KDDI(au)とローソン、共通ポイントプログラム「Ponta」を運営するロイヤリティマーケティング(LM)は2019年12月16日、同日付で資本業務提携を締結したことを発表した。

資本業務提携を発表するローソンの竹増貞信社長(左から2人目)、KDDIの高橋誠社長(左から3人目)ら
資本業務提携を発表するローソンの竹増貞信社長(左から2人目)、KDDIの高橋誠社長(左から3人目)ら
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIがローソンの株式の2.1%を市場買い付けで取得するほか、LMの株式の20%を三菱商事から取得する。現在は「au PAY」「au WALLET」の決済やKDDIの携帯電話料金の支払いなどで、KDDIが運営するポイントプログラムの「au WALLETポイント」を付与しているが、これを2020年5月以降にPontaへ切り替える。

 各社は今後、Pontaの顧客データを活用したデジタルマーケティングを展開するほか、2020年度をめどにKDDIの通信やロボティクスなどの技術を活用した次世代コンビニエンスストアの開発なども共同で実施する。

 KDDIがPonta陣営に加わると、Pontaの会員数は1億件を超え、利用可能な店舗は約170万カ所になるという。ローソンの竹増貞信社長は「国内最大級のポイント連合が誕生する」と強調した。

 KDDIの高橋誠社長は「コンビニの体験価値を拡張し、お客さまの趣味・嗜好や動態情報を踏まえた在庫管理により食品ロスを低減したり、スマホでの注文や決済によりお客さまのストレスをなくしたりしたい」と次世代コンビニの方向性を示した。

 ローソンを巡っては、NTTドコモもローソン株の2%を保有している。ローソンの店舗でもドコモのスマホ決済「d払い」やポイントプログラム「dポイントクラブ」に対応するなど、資本業務提携している。竹増社長は「ドコモとの違いは、Pontaにau WALLETポイントが合流し一緒に取り組めること。その他はドコモとも提携関係を続けていきたい」とした。高橋社長は「ドコモよりちょっと多く(ローソンに)出資している」と語り、ドコモへの対抗心をうかがわせた。