PR

 LINEと明智光秀AI協議会は2019年12月16日に都内で共同発表会を開き、同協議会の発足やLINEのチャットボット「明智光秀AI」について発表した(写真1)。LINEと全国14の自治体がパートナーシップを締結し、NHK大河ドラマの放映に合わせた観光振興を狙う。

写真1●LINEと14の自治体がAIチャットボット「明智光秀AI」を発表
写真1●LINEと14の自治体がAIチャットボット「明智光秀AI」を発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

AIチャットボットに4000パターンの回答を用意

 明智光秀AIは、天正10年に山崎の戦いで敗れた戦国武将である明智光秀を現代によみがえらせるべく、AI(人工知能)チャットボットとして実装したもの(写真2)。12月16日からLINEのアプリ上で提供を開始した。

写真2●明智光秀AIの概要
写真2●明智光秀AIの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 LINEアプリでは実際に明智光秀AIと会話できるようになっており、現在の回答は約4000パターンを用意(写真3)。機械学習により、最終的には1万パターンの観光情報やトークへの対応を目指すという。

写真3●トークは約4000パターンの回答に対応
写真3●トークは約4000パターンの回答に対応
(出所:明智光秀AI協議会)
[画像のクリックで拡大表示]

 12月16日に設立した明智光秀AI協議会は、政府が推進する「AI戦略2019」で公共機関におけるAI活用が注目される中、複数の自治体が半年前から準備してきたもの。観光客の誘致や利便性の向上、観光政策の推進を目的としている。

 会話機能のほかに、明智光秀にゆかりのある名所の案内も可能だ。2020年以降は、明智光秀や戦国武将に関する各地のイベント情報の検索、明智光秀に関するクイズ機能も順次提供する予定とした(写真4、5)。

写真4●明智光秀に関する各地のイベント情報
写真4●明智光秀に関する各地のイベント情報
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●明智光秀に関するクイズ機能
写真5●明智光秀に関するクイズ機能
(出所:明智光秀AI協議会)
[画像のクリックで拡大表示]