PR

 電子情報技術産業協会(JEITA)は2019年12月18日、5G(第5世代移動通信システム)の世界需要額の見通しを発表した。5G関連のIoT(インターネット・オブ・シングズ)機器やソリューションサービスが需要増をけん引し、2030年に2018年比で約300倍の168兆3000億円に拡大すると推計した。

 JEITAが5Gの世界需要額を取りまとめるのは初めて。2018年の5Gの世界需要額は5000億円で、今後は年平均63.7%増のペースで成長すると予測した。都内で記者会見したJEITAの遠藤信博会長(NEC会長)は「5Gは『Society 5.0』を実現するための重要な基幹インフラに他ならない」と語った。

 日本の通信大手は2020年春に5Gの商用サービスを始める予定だ。遠藤会長は「あらゆるものがネットワークでつながる世界の実現が間近に迫ってきた」と語り、通信事業者による5Gサービスだけでなく、多様な企業が手掛ける地域限定の「ローカル5G」の普及にも期待感を示した。